よい通信講座を選ぶには

良心的な講座を選ぶポイントを解説します!

いざ、通信講座を受講しようと思ったとき、どのようにして講座を見極めればよいのか、
そのあたりを具体的に考えて見ましょう。
良いものから粗悪なものまで、質の差が激しい通信講座の中から、
自分に合ったよい講座を選び取るためには、
どのようなポイントを見極めればよいのでしょうか? 
この選択が、あなたの試験の合否を左右するといっても過言ではないのです。

ポイント1、教材に受講生の理解を助ける工夫がされているか?
できるだけ情報量を抑えたシンプルな内容のテキストであることはもちろん、
重要項目はカラーで色分けされていたり、分かりにくいところは図表になっていたりと、
きちんと工夫がされている教材かどうかを見極めましょう。
ただでさえ資格試験は高いハードルなのですから、受講生の負担が軽くなるように、
ハードルを下げる努力がなされた教材かどうかをチェックすることが重要なのです。

ポイント2、講義を収録したメディアが付いているか?
教材の中に、講義を収録したCDやDVDが付いているかも重要なポイントです。
試験範囲が広く、難解な試験の場合、プロの講師が分かりやすく噛み砕いて解説してくれる
講義が聴けるかどうかが、効率的に学習を進められるか否かの分かれ道になります。

ポイント3、通信講座の専門校か?
資格スクールの多くは、通学と通信の両方の講座を開設しています。
しかし、そんな学校の場合、サポートなどの面で、
通信生よりも通学生が優先される場面が多く見受けられます。
その点、通信講座専門校ならサポートシステムやカリキュラムのすべてが
通信生向けに作られているので、気兼ねなく受講することができます。
高い受講料を支払うなら、通信専門校のほうがストレスなく学習できるでしょう。

ポイント4、教材の内容に対して受講料が適切か?
安い受講料が売りの講座では、講義DVDが付いていなかったり、
内容もそれなりであることが多いようです。
逆に受講料がバカに高い講座であっても、
すべての教材を最後までやり切れる保障はありません。
重要なのは、金額が安い・高いということではなく、
講座の内容に対して適切かどうかを知ることと、
その内容が自分に必要なものであるかを見極めることなのです。

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<