人気資格紹介! ~簿記の仕事~

地味だけれど日本経済を縁の下で支える技術!

簿記と聞いて、どのようなイメージが浮かびますか?
ちょっと地味な印象をお持ちの方も多いかもしれませんね。
しかしながら、簿記検定は毎年多数の受検者を集める人気の試験。
この資格がいかに日本社会で親しまれ、利用されているかがわかります。
簿記の知識や技術は、日本の経済を根底で支える基礎となっているのです。

まず、簿記の定義をご紹介すると…
「特定の経済主体の経済活動を、主として貨幣の金額によってとらえ、
その主体が所有・管理する財産の変動を帳簿に記録、計算する技法」
ということになります。
分かりにくいので、簡単にラーメン屋さんの例を用いて言い直すと…
「あるラーメン屋さんが材料を仕入れてラーメンを作り、
お客さんに売った結果を細かくお金で計算して、
その店が儲かっているのか?いないのか?を帳簿に記録し計算すること」
とでも言えるでしょうか。
これは、単純にその日の売り上げを計算するだけではなく、
店の家賃やアルバイトの人件費など、さまざまなお金の動きをすべて洗い出して、
ひと目で分かるようにまとめる技術が簿記というわけなのです。

そして、このことは、ラーメン屋さんなどの小規模な商店だけではなく、
大きな企業でも同様の作業が行われています。
月末や年度末などには、たくさんの数の伝票が処理され、
すべてのお金の流れが把握されます。たとえ交通費や経費の伝票が1枚欠けただけでも、
企業の経営状態を正確に把握したことにはならないのです。
このような作業によって、企業のトップは今後の経営の判断材料を得ることができますし、
銀行や取引先企業がこの会社の健全性を判断する材料とするのです。

簿記の知識や技術は、企業の経営状態を正確に把握するための唯一無二の技術です。
ひとつひとつの作業は地味に感じるかもしれませんが、この技術こそ、
日本の経済を根底で支えているといっても過言ではないでしょう。

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<