人気資格紹介! ~ファイナンシャルプランナーの仕事~

お金のことなら何でもおまかせ! 頼れる人生のパートナー

金融不安や長引く不況、消えた年金問題などを受け、
日本でも「自分の資産は自分で守る」という考え方が定着しつつあります。
自分の資産を守り、将来の夢を実現するためには、
金融に関する正しい知識や的確なライフプランが必要不可欠。
そんなときに頼りになるのが、ファイナンシャルプランナー(通称“FP”)という存在です。

FPは、お金に関する幅広い知識を持って、依頼人に的確なアドバイスをするのが仕事。
FPが習得していなければならない知識は、主に以下のようなジャンルになります。

  • 年金 (年金保険料について)
  • 保険 (生命保険、損害保険などについて)
  • 税金 (確定申告、年末調整などについて)
  • 金融 (株式投資、預貯金の方法などについて)
  • 不動産 (不動産取得、住宅ローンなどについて)
  • 相続 (相続税などについて)

 

これらの知識は、文字だけ読むととても難しいもののように思えますが、
実際はとても生活に密着しているもの。
誰しも一生の間に1度は経験するであろう事柄と言えます。
例えば、『子供を3人大学まで入れたい』とか、『40歳までにマイホームを購入したい』など、
達成したい目標は人それぞれ。その夢を実現するためには、
“夢を実現するために必要なお金”という視点で人生設計を行う必要があります。
家族構成や収入、資産の状況もそれぞれ違いますから、
一人ひとりの状況に合ったライフプランを立てる必要があるのです。
そんな時、顧客の生活状況や資産状況を把握し、幅広い知識を基に的確なアドバイスをする専門家(=ファイナンシャルプランナー)がそばにいてくれたら、どんなに心強いでしょう。
FPは、顧客のかなりプライベートなところまで踏み込んでプランニングを行います。
ですから、とても重大な責務を負うとともに、顧客にとってはとても身近な存在となり、
まるでホームドクターのように人生において欠かせない存在となりえるのです。

現在、FPの資格には、国家資格であるFP技能士と民間資格であるAFP、CFPという資格が
あります。
これらの資格を取得すれば、顧客からの信頼を得ることもでき、
責任を持って金融商品をオススメし、アドバイスすることもできるでしょう。
すでに、証券や保険、銀行などの金融関係の企業では、
この資格を“持っていて当たり前”という風潮が強くなってきているので、
逆にまだ取得できていない人は、上司からも顧客からも信用してもらいない…という
事態になることも考えられます。

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<