人気資格紹介! ~宅地建物取引士の仕事~

不動産に関する知識は社会人にとって必須! 

宅地建物取引士の資格は、通称『宅建』の名で親しまれていますが、この仕事の内容は、どのようなものなのでしょう。

宅地建物取引士の資格は、宅地建物取引業法という法律に定められているもの。
土地や建物などの不動産取引、仲介を行う不動産業を営業するためには、
事業所ごとに最低1人、大規模な事業所の場合は従業員5人に1人の割合で、
この資格を持っている人を置かなければならないと決められているのです。
なぜこのような取り決めが必要なのかというと、不動産の売買や仲介を行う際に、
宅建の資格を持っている者が買主または売主に対して、
「重要事項説明」を行わなければならないと定められているから。
売主や買主にとって不利となる契約を結んでしまわないように、
売買の対象となっている不動産に関するあらゆる事項を、
宅建士がきちんと説明しなければ正式な取引として成立しないことになっているのです。

このような理由から、不動産業界に就職や転職を希望している人は、
この資格を持っていることが最低条件となってくるわけです。
しかも、宅建資格は、金融業界や住宅メーカーなど、
不動産に接する機会の多い企業にお勤めの人にとっても必要な資格となってくるでしょうし、
それ以外の企業でも、自社の不動産の管理などにおいて、
宅建の知識を持っている人材は必要とされています。
不動産やそれに関連する法律についての知識を持つことの証となる、宅建という資格は、
社会人として取得しておいて損はない資格といえますね。

さらに、ビジネスの面で利用価値が高いというだけではなく、プライベートでの不動産売買などのときにも、この宅建の知識が役立つことがあります。
不動産の売買をする機会があまりないという人でも、賃貸契約を結ぶことはあるでしょう?
宅建の知識は、賃貸契約についても及んでいますので、
引越しのたびにこの知識が役に立つのです。
このような側面から見ても、この資格を取得する意味は大いにあるといえるでしょう。

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<