人気資格紹介! ~行政書士の仕事~

1万種類もの書類を扱う行政書類のプロフェッショナル!

行政書士という名前を聞いたことはあっても、実際にどのような仕事をしているのか、
正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

行政書士の仕事を一言で表現するならば、
「許認可申請などの書類を依頼主に代わって作成して申請する、代書屋さん」といったところ。
そんなの自分でやればいいのに、と思われる方もいるかもしれませんが、このような申請は、
慣れていない人にとってはなかなか面倒なもの。申請に必要な書類をすべて不備なく揃え、しかるべき部署へ申請しなければならず、素人では分からないことだらけです。
しかも、このような申請をする機会は、社会生活の中で意外と多いことにもお気づきでしょうか。会社を興したりお店を開いたり、なにか新しいことを始めるときは、
必ずといってよいほどお役所からの許可が必要ですし、
車を買ったら車庫証明が必要になりますね。
遺言書やちょっとした契約書など、公的な書類というのは、
挙げたらきりが無いほど存在しています。
それらの書類を正確にかつ迅速に処理するのが、行政書士の仕事というわけです。
一説では、行政書士が扱う書類の種類は、数千から1万種類にも及ぶといわれているのです。

行政書士は、遺言書や細かな契約書の作成などの個人的な依頼から、
法人の設立といったオフィシャルな依頼まで、あらゆる業務をこなす
行政書類のプロフェッショナル。
しかも、書類を作成するだけではなく、依頼主の利益を守るために
法律の見地からアドバイスをする、最も身近な町の法律家という顔も持っているのです。

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<