資格を取ることで得られるもの

資格はより良い自分になるためのチケット

資格を取得することで得られるものとは、単に資格そのものだけではありません。
資格を取ることで得られるメリットがあり、それが人々を資格試験へと向かわせる
要因となっているのです。
それでは、資格を取ることで得られるメリットとはどのようなものなのか、
まとめてみることにします。

メリット① 就職や転職の際に有利になる
メリット② 収入が増える
メリット③ 生活に役立つ情報や知識が得られる

資格取得によって得られるメリットは、上記の3つに要約されるように思います。
メリット①は、履歴書に取得した資格を書き込むことができ、
難しい資格や珍しい資格の場合は、面接の際の話のネタにもなるかもしれません。
メリット②は、資格を取得することだけで収入アップに繋がることは
あまりないかもしれませんが、資格取得をきっかけに(例えば独立開業したりして)、
自らが努力を重ねた結果、収入が増えるということは十分考えられます。
メリット③は、資格取得までの試験勉強がすでにメリットになっているということです。

いずれにしても、資格を取ることによって、

  • 自分に対する周囲の評価が高まる (就職や給与査定の際に評価される)
  • 自分に対する自分自身の評価が高まる(自分に自信がつく)

というような効果が得られることは確かでしょう。
資格を取得するためには、自らの生活や自分自身の能力と向き合い、
努力することが不可欠ですから、その過程を経ることが自らを高いレベルへと
引き上げてくれる結果につながるわけです。

それでは、次のページからは、資格を取得することで得られる3つのメリットについて、
特化した資格を一覧でご紹介していくことにします。
まだ取得する資格が決まっていないという方は、参考になさってください。

 

>>難関国家資格を狙うならこの勉強法<<